総務の現状と将来性

あらゆる組織で必要とされる職種

総務は、企業や組織全体にまつわるあらゆる事務を取り扱う職種です。

組織の備品調達や管理といった庶務的な業務をはじめ、オフィス建物の管理、福利厚生制度の整備、会社のイベント企画・運営など業務範囲は幅広く、常に組織全体のことを見て業務を進める必要があります。

総務は、自ら商品やサービスを製造したり、それらを売ったりして直接的に売上をつくるわけではありませんが、組織を円滑に動かし、そこに所属する全スタッフが快適に安心して働くために、なくてはならない存在です。

こうしたことから、ありとあらゆる組織において、総務職の役割を担う人が活躍しています。

小さな組織の場合、総務部が置かれていないこともありますが、総務としての業務をこなしている人は確実にいます。

就職先の選択肢は幅広く、安定した環境で働きやすい職種のひとつだといえるでしょう。

スペシャリストになれば可能性はより広がる

先に述べた理由からも、総務という職種のニーズ自体が大きく減ることは考えにくく、これから総務を目指していく人にとってもチャンスはたくさんあるといえます。

そのなかで、他の人よりも一歩抜き出た活躍をしたい、あるいは収入をできるだけアップさせたいという場合には、「スペシャリスト」を目指すことが必要になってくるでしょう。

総務が携わるさまざまな業務のなかでも、株主総会のとりまとめなど高い専門性が求められる分野の知識・スキルを持っている人は、上場企業や大手企業においても歓迎されやすく、良い待遇で採用されている傾向にあります。

また、人事やIRなど他職種の経験も併せて積むことで、さらに業務に深みを出していくことも可能になります。

いち総務担当者から、どのようにステップアップしていきたいのかしっかりとイメージし、スキルアップするための努力を惜しまなければ、多様な選択肢が広がっていくでしょう。