総務に向いている人、適性

人の力になったり、頼まれごとに応えたりすることが好き

総務は、表からは見えにくいところで、組織が円滑に動くよう日々さまざまな仕事をこなしています。

事務用品や備品の調達・管理、株主総会など社内イベントの企画・運営、福利厚生関連の手続き、社内外の冠婚葬祭の手続きなど、「何でも屋」として活躍します。

なかには一見、雑務に思えるような仕事もありますが、どれも従業員が気持ちよく働くため、業務をスムーズに進めるためには欠かせないことばかりです。

裏方としての役目であっても、人の力になることに喜びを感じられる人、あるいは人から何かを頼まれたときに気持ちよくそれに取り組めるような人は、総務にとても向いています。

いろいろな物事を同時に進めていける

業務範囲が広い総務は、同時に複数の物事を進めていかなくてはならない場面が多々あります。

営業であれば、基本的には営業成績をアップさせることを使命に、目の前の営業活動に取り組んでいればいいですが、総務の場合は組織全体を見渡さなくてはならないポジションにいますから、広い視野を持つことが不可欠です。

一点集中型の人よりは、並行していろいろなことに取り組むことを苦にしない人のほうが、総務に向いているといえるでしょう。

また、周囲の状況の変化などによく気が付く人も総務には向いているといえます。

人付き合いがよく、フットワークが軽い

総務の業務で重要なことのひとつが、いわゆる社内調整です。

たとえば、社内イベントを開催するにあたって各部署のスタッフに運営の手伝いを頼まなければならないようなことがあったとき、社員と仲良くなっておけば、「総務の○○さんの頼みだから」と、話を聞いてもらいやすくなります。

こうしたことも、仕事をスムーズに進めるためにはとても重要です。

総務部が独立している組織では、他部署から「何をしているかよく見えない」といわれがちですが、だからこそ積極的に行動する必要があります。

フットワーク軽く、さまざまな立場の人と自ら関わりを持とうとする人は、総務としての適性もあるといえるでしょう。