総務のつらいこと、大変なこと、苦労

業務範囲が幅広く、学ぶべきことがたくさんある

組織全体に関わる仕事をする総務の特徴は、とにかく他部門に比べて守備範囲が広く、さまざまな業務をこなさなくてはならないことです。

「各部署で対応できないことがあれば、総務にお願いする」「会社のことで困ったことや、わからないことがあったら総務に聞く」という認識を持っている社員は多く、毎日あちらこちらから依頼や問い合わせを受けることになります。

大手企業であれば総務の仕事もそれなりに分業されており、自分の担当業務でスペシャリストを目指していけばいいものの、中小企業では経理・人事・労務・広報などの仕事も総務が兼務することは珍しくなく、たくさんのことを勉強しなくてはなりません。

あまり目立たない存在

組織の「何でも屋」として活躍する総務は、とにかく慌ただしい日々を送ますが、モノやサービスを売る営業のように業務を通じて直接利益を生み出す仕事ではないため、社内ではとかく地味な存在になりがちです。

実際には、組織を円滑に動かすために総務がいなくては困る場面はたくさんあるにもかかわらず、外から見ると、「どうも総務は何をしているのかわからない」という風にも思われてしまうことがあります。

細々とした雑多な仕事も多いため、目立たなくても人のために力を発揮することに喜び、やりがいを感じられる人でないと、つらいと感じるだけの仕事になってしまうかもしれません。

苦情の対応

総務は、地域住人や消費者といった社外の人からの問い合わせ窓口となることもよくあります。

また、大手企業では株主総会の運営責任者となって、株主の対応も行うことも一般的です。

社内だけでない、さまざまな人とコミュニケーションをとれるのはこの仕事の楽しい部分ではあるものの、ときには苦情や厳しい意見を直接ぶつけられてしまうこともあります。

自分が間違ったことをしていなかったとしても、会社を代表して謝罪をしなくてはならない機会も出てくるため、責任の重さを感じたり、ストレスが溜まりやすかったりする一面があります。