総務の給料・年収

平均年収

総務の平均年収は、400万円前後がボリュームゾーンとされています。

他の職種と同様、年齢が上がるにつれて平均年収も上がる傾向にあり、20代では300万円程度ですが、40代を超えると500万円程度になっています。

ただし、給料は勤務先となる組織の規模や地域、年齢、役職、勤続年数などによっても異なります。

民間企業の場合、株式公開をしていない非上場の企業よりは、上場企業のほうが業務範囲や責任が重くなるため、給与水準は高めといわれています。

そのなかで、管理職として部下をまとめるポジションに就くと、年収600万円以上を得ている人も増えるようです。

能力による給料の差は出にくい

総務の場合、営業職のように、基本給のほかに実績に応じて報奨金が上乗せされる「インセンティブ制度」が取り入られることはほとんどありません。

総務はそもそも営業ノルマがある仕事ではありませんし、間接部門として会社を裏方で支える役割を担うことから、個々の能力というものはどうしてもはかりにくい面があります。

その結果、同組織における同年代の総務職の社員間では、給料に大きな差は出にくいといわれています。

給料をアップさせるには

ただし、そのなかでも日々の行動がすぐれていたり、会社に貢献していることが認められれば、たとえば株式総会における企画・運営の責任者など重要なプロジェクトに抜擢されたり、役職が上がったりして、収入アップにもつながっていくでしょう。

総務職はそこまで平均年収が高い仕事ではないものの、そのなかで給料をアップさせたいのであれば、やはり管理職を目指すことが一番です。

また、総務のスペシャリストといえるくらい経験を積めば、より良い条件の企業へ転職して収入を上げることも可能になってきます。

総務は誰にでもできる仕事と思われがちですが、幅広い領域の業務を一通りこなせるようになるのは決して簡単なことではありません。