総務部門で働くには

あらゆる組織で活躍できる

総務は、民間企業を中心とするさまざまな組織で活躍できる職種です。

そのため、総務になりたいと思ったら、企業への就職を目指すことが一般的な道となります。

ありとあらゆる業界・規模の企業において総務は必要とされているため、就職先の選択肢はとても広いといえます。

総務は、どの組織においても「従業員が働きやすい環境づくりや制度整備に取り組む」といった根本的な役割は同じですが、「どこで働きたいのか?」はしっかりと考えたほうがよいでしょう。

とくに、従業員数の多い大きな組織では総務部にも多くのスタッフが配置され、たいてい分業されているのに対し、中小企業では一人が多様な業務をこなすことを求められることが多くあります。

創業直後で人が少ない組織では、総務の業務と他職種の業務を兼任しているケースもあります。

大規模な組織ではだいたい教育がしっかりとしており、一つの仕事をじっくりと究めていきやすいですが、小さな組織では早くから現場でたくさんの経験を積みやすいといった面があります。

どれが良い・悪いというわけではなく、自身がどのような環境で働きたいのかをよく考えたうえで、職場選びをするとよいでしょう。

学歴や資格・スキルについて

総務は、なるために絶対に必要とされる学歴や資格はとくにありません。

ただし、大企業の場合は「大卒以上」が応募資格となっていることもしばしばあります。

また、ひとつ気を付けておきたいのは、どの組織においても「総務職」としての採用が行われるとは限らないという点です。

たとえば、「総合職」といった形で社員の一括採用を行い、その中から会社の状況や本人の適性・希望などが考慮されて、総務部に配属されるケースは多々あります。

そのため、総務を希望していない人が総務になることも十分あり得ますし、その逆もしかりです。とくに新卒採用では、こうした形の採用も多くなっています。

一方、中途採用で総務担当者がほしいと考えている企業の場合は、ピンポイントで「総務職」として募集するケースが目立ちます。

この場合、即戦力を期待されているため、すでに総務としての実務経験がある人が優先的に採用されやすいです。

資格を持っておく必要はとくにありませんが、WordやExcelなどのパソコンスキル、事務処理能力などがあれば、業務に生かすことができるでしょう。