総務の1日

組織全体に気を配る

総務の業務内容は勤務先によって若干異なりますが、基本的には組織全体に気を配り、組織が円滑に動くために事務や庶務からイベント運営、オフィス管理など、さまざまな業務をこなします。

普段はオフィスワークが中心となりますが、外部の業者とのやりとりや広報的な仕事を行うこともあり、社内外のたくさんの人とコミュニケーションをとりながら仕事を進めます。

実際には、時期や日によって業務内容も少しずつ変わってきますが、ここでは企業で働く総務担当者のある1日の過ごし方を紹介します。

企業で働く総務のある1日

08:20 出社

オフィスに到着したら、パソコンを立ち上げてメールチェックを行います。

08:45 朝礼・部内ミーティング

1日のスケジュール確認と、連絡事項を共有します。

09:00 郵便物・宅配便の仕分け

郵便物や宅配便は総務が管理します。宛先を確認して部門別に仕分けを行い、配布します。

10:30 備品発注

社内で使用する電球や文房具など、必要な備品・消耗品を各業者に発注します。

12:00 休憩

昼食は同僚と一緒に社内の社食で食べることが多いです。

13:00 書類の処理

机の上にはたくさんの書類が溜まっているので、内容を確認しながら処理します。

14:30 福利厚生関連の手続き

社員から依頼を受け、会社が提携している福利厚生施設の利用手続きを行います。

15:30 来客応対

お客さまが来社されたため、丁寧に応接室へ案内をして担当者に取り次ぎます。

17:00 名刺発注

営業部門から名刺の追加発注依頼書が届いたため、内容を確認して業者に発注をかけます。

17:30 帰宅

業務が計画通りに進んだ日は残業をせずに帰ります。