葬儀屋の役割

遺体を安置する

葬儀屋の役割で、大切な作業のひとつは、亡くなった人の体を安置することです。

病院で亡くなった場合には、まず故人の遺体を引き取るため霊安室に行きます。遺族に安置場所を確認してから、遺体を移動させます。

自宅に安置する場合には、遺族に布団を敷いてもらい、そこに遺体を安置して、ドライアイスなどで保冷します。

病院で亡くなると遺体の処置は看護師さんがしてくれますが、病院以外で亡くなった場合には、葬儀屋が行うことがあります。

人は死ぬと体の穴から体液が漏れてくるため、遺体の鼻や耳などの穴にすべて綿をつめなければなりません。処置が終わると、体をふいて新しい衣服に着がえさせます。

なお、遺体の処置の手順や方法は地域や葬儀屋によって異なります。

お見送りの手配をする

葬式の手順を整えることは、葬儀屋の大きな役割のひとつです。遺族と相談しながら、葬儀の段取りを決めていきます。

一般的な葬儀のほかにも、社葬や家族葬、密葬など、葬儀の種類はいくつかあります。葬儀について遺族に説明しながら、どんな形でお見送りをしたいのか、希望を聞いていきます。

葬儀を行うことになった場合は、喪主を決めて、宗派を確認します。さらに、葬儀の日程を決め、式場を予約し、火葬場と霊柩車の手配もします。

また、遺影の写真を遺族に決めてもらい、葬儀用に引き伸ばすために写真を預かります。

祭壇のスタイルや供花の数、料理や返礼品、会葬礼状の手配なども遺族と相談して決めていきます。

通夜・告別式の進行

葬儀屋の役割で一番大きなものは、通夜と葬儀・告別式をとり行うことです。

まず、葬儀前に祭壇や式場を整え、供花やお供え物を準備して設置します。椅子を並べたり、返礼品を用意したり、受付の準備も整えます。

ここでは、告別式の一例を紹介します。

葬儀・告別式の時刻が近づくと、参列者が集まりはじめます。式場に案内したり、誘導したりするのも葬儀屋の仕事です。

開始時刻になると、葬儀屋が司会進行を行います。僧侶を案内し、弔電を紹介したり、焼香の案内をしたりと、葬儀の間は常に気を配る必要があります。

葬儀の読経が終わると閉式となり、出棺して火葬場に向かいます。遺族が精進落としの食事を終えたら、遺骨や遺影を遺族に渡して終了となります。

なお、葬儀の進行などは、宗教や地域によって異なります。