葬儀屋の仕事内容

葬儀屋とは、亡くなった方の遺体を管理し、葬式を始めから終わりまで取り仕切る人のことをいいます。大きく目立つ存在ではありませんが、意義のある大切な仕事で、需要が絶えることがない職業です。

ここでは、そんな葬儀屋の仕事内容を見ていきましょう。

葬儀の依頼を受ける

まず、葬儀屋は、提携している病院・警察や、以前から付き合いのある個人などから、亡くなったという連絡をもらいます。

依頼を受けた後、現場に駆け付けて遺体を引き受け、遺族と葬儀の内容を決めていきます。

お通夜の手配

お通夜の手配の流れは下記のようになっています。

1.遺体を清めて適切な処置を行い、安置所を確保してから、お通夜の準備や霊柩車、火葬(地域による)を手配していきます

2.式場の準備に取り掛かります

3.お通夜の前に、遺体を納棺し会場へ運びます

4.通夜式では、司会進行を行います。お通夜終了後は、告別式の段取りについて遺族側に説明します

葬儀・告別式の手配

葬儀・告別式当日の役割は、複数の社員で分担します。

司会をするスタッフ、会場準備をするスタッフ、進行を確認するスタッフ、参列者を誘導するスタッフ、遺族にお茶などを配るスタッフなどさまざまです。

人数が必要な場合には、アルバイトに頼むこともあります。

葬儀・告別式終了後

終了後の流れは下記のようになっています。

1.告別式が終了し出棺された後は、場内の片付けなどを行います

2.火葬場から遺族が戻り、初七日を行った後、精進落としの会食となります

3.遺族が食事をしている間に、葬儀屋は遺影や骨壺などを持ち帰れるように準備します

4.食事が終わると、遺族を見送ります。葬儀屋によっては、遺族の自宅に同行して、骨壺などの安置を行うこともあります。さらに、仏壇や喪中ハガキの作成について、相談にのる場合もあります。

5.事務所に帰った後に、請求書の作成などの事務作業を行い、業務が終了となります。

仕事の主な流れは以上となりますが、葬儀の規模により仕事内容は変わってきます。また、地域やしきたり、宗派によって、内容や手順は異なります。
z
しかし、葬式のトータルコーディネートをする仕事、という点は共通しているといえるでしょう。

葬儀屋に関するデータ

葬儀業売上高の推移

経済産業省の統計によると、葬儀業全体の売上高は年々増加傾向にありましたが、近年は横ばいとなっています。2016年度の葬儀業の売上高は、5999億6100万円となっています。
葬儀業売上高の推移_2016

葬儀業取り扱い件数の推移

葬儀業の取り扱い件数についても、横ばいの傾向です。2016年の取り扱い件数は420,585件でした。
葬儀業取扱件数の推移_2016

葬儀業事業者数の推移

葬儀業の事業者数は増加を続けています。2016年度の事業者数は2,291となり、事業者間の競争が激化していることが予想されます。
葬儀業事業者数の推移_2016

葬儀業従業者数の推移

葬儀業の従業者数も増加しています。2016年における葬儀業の従業者数は23,918人となっています。
葬儀業従業員数の推移_2016

葬儀業正社員数の割合

葬儀業の正社員比率はここ数年横ばいとなっています。2016年度の正社員比率は49.6%となっています。
葬儀業従業員に占める正社員の割合 _2016