損害保険会社社員のやりがい、魅力

ピンチを救う強い味方に

損害保険の意義というのは、人々が困難に直面したときにこそ問われるものです。

たとえば、自動車で衝突事故にあってしまったとき。

一生懸命働きながらコツコツ貯金をして手に入れた大事な愛車が大破してしまっても、保険金によって修理代や新車の購入代金を賄うことができます。

また、突然の大地震で被災して、大切な家財道具の多くが壊れてしまったとき。

保険金で新たな家財を購入し、生活再建への第一歩を踏み出すことができます。

何事もなく平和に過ごしているときに損害保険の存在を気にかける人は少ないかと思いますが、思いがけない事故や災害に直面したときには「損害保険に入っていたかどうか」が、生活を立て直すため、あるいは精神的に立ち直るために非常に重要なものとなることが多いのです。

損害保険会社で働く社員にとって、この事実は大きな誇りとなっています。

困難に直面して深い悲しみに沈んでいた顧客から「損害保険のおかげで立ち直れました」とか「助けてくれて本当にありがとうございました」という感謝の言葉をかけられるときは、この仕事に携わっていてよかったと思えるそうです。

保険会社の社員にとって、やりがいを感じられる瞬間となります。

数字が明確な目標に

損害保険会社で働く社員にとっては、保険の契約数を伸ばすという絶対的な目標数値があります。

営業担当者はチームや個人で競い合いながら保険商品の販売をするために努力を重ねており、その成果が出たときには大きな達成感を得ることができます。

さらに、このような成果を出した社員に対してインセンティブをつける会社が多く、成果さえ出せば高収入を実現できるといわれている業界でもあります。

本人の頑張り次第では、同世代のサラリーマンよりも高い年収を得ることも可能なので、しっかり働いてしっかり稼ぎたいという人にとっては挑戦のしがいがある職場といえるでしょう。