損害保険会社社員のつらいこと、大変なこと、苦労

業界の専門用語を猛勉強

損害保険会社には、業界特有の専門用語が数多くあります。

たとえば顧客が支払う「保険料」と保険会社が支払う「保険金」では全く意味が違いますし、「損害率」「質権設定」「価額協定保険」「ディスクロージャー資料」「フリート利率」など、普段は聞きなれないような専門用語を覚えていなければ、損害保険会社の社員は務まりません。

また保険会社で契約を結んだことがある人であればわかるかもしれませんが、保険商品の約款というのは非常に分厚い資料となっており、この膨大な量の内容を頭に叩き込むのは大変な作業です。

社員の多くは内定をもらった後や研修期間中に猛勉強をしてこの仕事の知識を身につけることになります。

専門知識がなければ保険商品の内容を正確に理解することができませんし、顧客に間違った説明をしてしまうと大きなトラブルに発展してしまいます。

損害保険会社の社員は、常に知識をアップデートするために猛勉強をしなければいけないのが大変なところです。

顧客のクレームを受け止めて

損害保険会社の社員にとってストレスとなるのは、顧客からのクレームの対応でしょう。

損害保険会社に連絡をしてくる顧客の多くが、「自動車で事故にあった」「地震で被災した」など、何らかの困難に直面しています。

「自分はこれからどうなるのだろう」という不安を抱えながらワラにもすがる思いで連絡をしてくるため、精神的に不安定な状態であることも多々あります。

ですから、損害保険会社の対応に満足がいかないときに、激しい怒りや悲しみ、ときには八つ当たりをぶつけてくることも珍しくありません。

損害保険会社で働くのであれば、顧客からどのような言葉をかけられても感情を高ぶらせることなく、相手の気持ちを受け止めながら冷静に応対し続ける忍耐力が必要です。

ストレスがたまることも多いので、精神的にタフな人が活躍し続けることができる業界だということは覚悟しておいたほうがよいでしょう。