女性の損害保険会社社員

女性が活躍する保険業界

日本では昔から、生命保険や損害保険などの保険会社では、女性社員が活躍しています。

しかし、そうした女性の多くは一般職や契約社員として働いており、仕事内容もコールセンターや窓口での対応、損害調査における資料の収集など補助的な役割が多いのが実情でした。

しかし、最近では大手損害保険会社にも、総合職として入社する女性が増えてきています。

今や損保業界では、営業の最前線で働いたり商品企画を担当したり事故や災害時の査定に携わったりする女性社員も珍しくなくなっているのです。

女性ならではの強みとは

損害保険会社の仕事をする上では、「女性である」ということが強みになる局面もあるようです。

たとえば、地震保険や火災保険、傷害保険などの加入を検討するのは、一家の家計を管理している主婦であることが多いので、主婦の目線で商品企画をしたり宣伝をしたりすることは非常に重要なことです。

保険商品の販売を担当する代理店で行うキャンペーンや従業員の指導にも、顧客の気持ちがわかる女性社員の目線というのは必ず生かすことができるでしょう。

また、実際に事故や災害の被害にあってしまった人からの電話に対応したり、現場に行って被害の状況を確認して査定を行ったりするうえでも、物腰の柔らかい女性のほうが顧客を安心させることができるという一面もあります。

損害保険会社は女性社員が重宝される職場といっても過言ではないでしょう。

企業も活躍を応援

最近では、大手損害保険会社も女性の活躍を後押ししようと、キャリアアップするための研修を充実させたり、出産や育児や介護のために休職する女性をバックアップする体制を整えたりすることに熱心です。

昔であれば育児と両立させることができずに退職してしまう人も多かったのですが、最近では育児と仕事を両立させながら管理職へとキャリアアップする女性社員も増えてきています。

損害保険会社は、これからますます女性の活躍が期待されているのです。