ソムリエの意味、由来

ソムリエという言葉のはじまり

ソムリエを目指したいという場合には、まずソムリエという言葉にどのような意味があるのかということを知っておくことも大切です。

ソムリエという言葉は、もともと荷物を運ぶための動物を扱う人のことを指して使われていた言葉で「荷役用の牛馬」を意味する「sagmarius」、「saumarius」というラテン語として誕生したといわれています。

ソムリエという言葉の変化

12世紀になると「sagmarius」、「saumarius」というラテン語がフランス圏に入ります。そしてフランス語の「sommier」という言葉に変化していきます。

sommierという単語は現在では「マットレス」や「ベッド台」などと訳されることが多いですが、当時は王様の食事の管理や毒味などを行う食事が使用していた荷車を指して使われていたといわれています。

ソムリエという言葉のさらなる変化

さらに13世紀に入ると「sommier」という単語がさらに変化して、動物の使い手を意味する「sommelier」という言葉が生まれました。

sommierは、王族の旅行などに同行して荷馬車などで荷物を運ぶ人を指して使われていた言葉ですが、これが徐々に変化していき大革命時代のころには宮廷の中で食事やぶどう酒の管理をする人を指して使われるようになりました。

現在の意味に近い言葉の登場

18世紀になるとフランス革命が起こり、王制が崩壊したことによって宮廷で働いていたsommierが街で働くようになったことで、各地のレストランにぶどう酒の管理係が登場するようになりました。

これが現在の「ソムリエ」のはじまりだといわれています。

ソムリエというとワインの専門家という意味で使われることが多いですが、最近の日本では「◯◯ソムリエ」という表現である特定の分野に精通した専門家のことを「ソムリエ」という表現を使って呼ぶこともあります。