ソムリエの役割

高級レストラン、ホテルで働く

ソムリエのおもな役割は、レストランなど飲食店を訪れたお客さまに対して、ワインを中心としたアルコール飲料を提供することです。

ソムリエというと、高級なレストランやホテルのレストランなどで黒服のような格好のいい制服に身を包み、ワインの説明をする姿を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ある程度格式のあるレストランでは、こうした制服姿のソムリエがお客さまの要望に応じてテーブルに出向き、ワインに関するアドバイスを行います。

さらに説明だけではなく、実際にワインをテーブルまで運び、提供するまでがソムリエの仕事です。

高級店で働くソムリエは、「ソムリエ専任」として雇われることが多くあります。

ビストロなどで働く

ソムリエの職場としてもう一つ考えられるのがビストロです。

ビストロとは、フランス語で居酒屋を意味します。つまり、レストランよりも気軽に足を運べるような雰囲気のお店のことを指しています。

お店の形態にもよりますが、ビストロでもソムリエとして働くことは可能です。

ただし、ビストロの場合、レストラン勤務とは異なりソムリエ専任というよりは、料理に関するサービスや説明なども含めたサービス全般業務とソムリエ業務を兼任することが多いでしょう。

ワイン管理もソムリエの仕事

このように、ソムリエは職場によって専任、兼任の2通りの働き方があります。業務の内容に多少の違いはありますが、ソムリエとして果たす役割には違いはありません。

ソムリエの仕事の基本は、お客さまのワイン選びのお手伝いをして、ワインを選んでもらい、ワインカーブからワインを取り出し、サービスすることです。

これに加えて、ソムリエの大切な仕事のひとつとして「ワインの管理」が挙げられます。

どんなにワインの知識が豊富でお客さまに良いワインをすすめることができたとしても、実際に提供するワインの管理が行き届いていなければ元も子もありません。

ソムリエは、ワインの仕入れから在庫管理、品質管理までワインに関わるすべての事柄を把握し、そのお店のワインに関してのスペシャリストとしての役割を果たします。

さらに、人によってはワインを中心とする酒類や飲料の流通や輸出入、販売、製造などに携わるソムリエもいます。

ソムリエは自分自身がワインを楽しむだけではなく、ワインの豊富な知識を持ち、ビジネスとしてお客さまに対してここで掲げたような多様なサービスを提供しています。