ソムリエの仕事内容

最適なワインを提案する

ソムリエはホテルやレストランなどで、料理や客の好みを考慮し、最適なワインを提案する仕事です。

お客さまの要望に応じて、さまざまな飲み物を提供したり、料理選択の際に適切な助言を行ったりします。そのため多くの専門知識が必要とされる立場となります。

難しい役回りのようにも聞こえますが、お客さまに対して安全で快適な飲食の場を提供するための仕事です。

飲食業に関わりたい方、人をもてなすことに喜びをおぼえる方には、やりがいのある魅力的な職業といえるでしょう。

ワイン以外の知識も必要

基本的には、ワインをお客さまに提供するまでの一連の作業すべてがソムリエの仕事です。

ソムリエの仕事はワインを提供するだけでなく、商品の入荷や保管、品質管理、相手や状況にあわせた飲み物の選択、グラスの管理までひと通り行います。

ワインは使用されているブドウの種類や産地、生産された年度などによって味が異なる、非常に奥の深い飲み物です。

いま来店しているお客さまにはどのような飲み物が適切なのかを、すばやく見きわめること。TPOに即した最高の食事シーンを演出すること。それがソムリエ最大の腕の見せどころです。

また、ワイン業者からの売り込みに対応したり、時には現地まで行きワインの買い付けを行うこともあります。

ソムリエは、ワインの品種や産地についての知識だけでなく、ワイン以外の飲料や料理全般に関する幅広い専門知識も必要です。

また、知識だけでなく、お客さまとの会話や立ち振る舞いなど、接客のプロとしてのスキルも必要です。

お客さまが何を求めているかを会話や表情などから敏感に察知し、最適なワインを適切なタイミングで提供することがソムリエに求められます。

ソムリエが活躍する場

多くのソムリエは、ホテル内のレストランで働いています。

またホテルに入っていない、ワインを提供している一般のレストランやバーなどでも十分に活躍ができます。ただし、規模の小さいレストランでは、ウェイターがソムリエを兼任することもあります。

おいしいお酒や食事を楽しく味わってもらいたいという気持ちさえあれば、お店の規模などは関係なくソムリエの仕事場になりうるのです。