ソムリエの現状と将来性

ソムリエの待遇

多くのソムリエが勤めているのは、高級感のあるホテルやレストランなどの飲食店です。したがって給与もお店のランクにふさわしいものになるので、職につければある程度の収入は保証されるはずです。

一概にはいえませんが、平均的なサラリーマン程度の給与は見こめるのではないでしょうか。もちろん経験や能力によっては、それ以上もらえる可能性もあります。

ソムリエの需要

ひとつの店舗で雇われているソムリエの人数は、基本的に多くありません。よって大口の求人はあまり行われていません。

ただし一定の需要は確実にあります。たくさんは必要ないけれど、いないと困る。また経験豊富なソムリエ自体も少ない、というのが現状です。

求人サイトなどをみても、つねにソムリエの募集はおこなわれています。またソムリエという形式ではない、ワインをあつかっているレストランでのスタッフ募集も数多くあります。

これからソムリエになりたいという方も、勤務先を見つけることは十分に可能でしょう。ただし、勤務地が都市に集中するため、地方だとなかなか就職先が見つからないということもあります。

ソムリエの将来性

いまやワインは身近な飲み物として、たくさんの人に親しまれています。ワインを楽しむ文化は日本でも定着したといえるでしょう。

一般的な生活レベルの人でも、ちょっとぜいたくな気分にひたりたいときなど、ワインを飲めるお店に足を運ぶことがあるでしょう。

マンガやドラマなどで、ソムリエやワインをテーマにした作品もありますし、もはやワインは特別な飲み物ではないのです。

そうなったときにソムリエは、ワイン初心者が気軽にお酒を楽しめるようにお手伝いできる立場として重要な位置を占めています。

また、ワイン通といわれる人たちも増えてきており、ワインのスペシャリストであるソムリエの需要は高まっていくと考えられます。