ソムリエに向いている人、適性

ソムリエに求められる知識

ワインはもっとも歴史の古い酒とされており、またもっとも多くの地域で飲まれているアルコール飲料ともいわれています。それだけに必要とされる知識は膨大です。

使用するブドウの種類、地域、年度、作り手、醸造方法などによって、さまざまな種類があります。

それらを把握したうえで、シーンや飲み手の好み、あわせる料理などによって、そのときどきで最良のワインを提案しなければなりません。

とはいえ新米のソムリエが、最初からすべてを知っている必要はありません。持っている知識自体よりも、ワインのことをもっと深く知りたい、学びたいという熱意が重要です。

かなり細かい知識を要求される世界なため、勉強熱心でかつ探究心が旺盛でなければ務まりません。休日もワインの勉強を続けるという気持ちが必要です。

求められる能力は?

しかしワインのことをよく知っているだけでは、まだ良いソムリエとはいえません。本当にお客さんが求めているのは、おいしいワインや料理によって演出される、素敵な時間だからです。

たとえどんなに良い食事でも、店内が汚かったり店員の態度が悪かったりすれば、人はおいしいと感じられません。だからソムリエが必要なのです。

お客さまが快適に食事を行うために、自分は何ができるかを常に考えることが、ソムリエにもっとも求められている能力です。

ソムリエに向いている人

ソムリエに向いている人とは、まず客人をもてなすことが好きな人です。感謝されることや、相手を笑顔にさせることが好きな人。おいしいものを提供するのが好きな人。人と話すことが好きで、観察力に優れていることもソムリエにとって大切な要素です。

ワインやお酒、料理が好きであることは前提として、お客さまのためにもっとお酒や料理の知識を身につけたいという気持ちを持った人であれば、皆に喜ばれるソムリエになれるでしょう。