ソムリエの試験の種類

実務経験が必要ない試験

「ソムリエ」といっても、日本では国家資格のように働くうえで絶対に必要とされる資格が存在するわけではありません。

現状、ソムリエに関する資格試験としては、複数の民間団体が認定するものが何種類か存在します。

そのうち実務経験がまったくなくても挑戦できるのは、「全日本ソムリエ連盟」が認定しているソムリエ試験です。

「NPO法人FBO(料飲専門家団体連合会)」のセミナーを受講さえすれば挑戦できます。

こちらの試験では、総合的なワインの提案力の向上をねえらいとしており、ワインの種類や取り扱い方法を中心とした知識が問われます。

飲食サービス業での実務経験が必要な試験

一方、「日本ソムリエ協会」が認定しているソムリエ呼称試験では、一定の実務経験が求められます。

ソムリエ呼称試験には「ソムリエ」と「シニアソムリエ」の2種類があります。

それは、ワインやアルコール飲料を提供する飲食サービス業の実務経験を、ソムリエ資格の場合は通算3年以上(協会会員は2年以上)、シニアソムリエ資格の場合はソムリエ呼称資格3年以上かつ職務10年以上経験している必要があります。

さらに、いずれも第一次試験日においてもソムリエ業務に従事している必要があります。

こちらの資格はレストランなどで経験を積んでから挑戦する必要があるでしょう。二次試験では実技や利き酒も行われます。

ソムリエ関連のさまざまな資格のうち、最も代表的なのがこのソムリエ資格といわれています。

なお、シニアソムリエになっていることを前提とし、さらに歴20年以上で協会の役員としての功績が認められると、推薦を受け、選考委員会で「マスターソムリエ」として認定されます。

そのほかの試験

上記はあくまでも、飲食サービス業の従事者に向けた資格試験となっていますが、もっと気軽に挑戦できるソムリエ関連の試験として、「ワインエキスパート」があります。

こちらも日本ソムリエ協会が認定していますが、20歳以上ならば誰でも受験ができます。

そのため、「仕事とは関係なく純粋にワインが好きだから」という趣味の一環で取得する人も多いようです。