ソムリエの資格

資格がなくてもソムリエにはなれる

ワインの本場フランスでは、ソムリエは国家資格です。

つまり、この職業に就くことができるのは、日本でいう医師や弁護士のように、特定の資格を持っている人に限られます。

しかし、日本でソムリエをめざす場合、かならずしも免許や資格をもっている必要はありません。

たとえ特別な資格を持っていなくても、勤めているレストランなどからソムリエの仕事を任せられた時点で、すでに立派なソムリエといえます。

とはいえ、資格はスキルアピールや自分自身の勉強にもなるため、持っていて損はないでしょう。

ここからは、日本国内で取得可能なワインに関する資格を認定団体ごとに紹介します。いずれも民間団体の認定となります。

日本ソムリエ協会認定資格

「日本ソムリエ協会(JSA)」が認定する資格です。一般的にソムリエの資格といって思い浮かぶのがこれでしょう。合格するとソムリエの象徴ともいえる、金色のブドウ型のバッジがもらえます。

資格の種類として「ソムリエ」「シニアソムリエ」「マスターソムリエ」の3種類があります。

このうち、最初はソムリエの資格試験からチャレンジすることになりますが、受験資格を得るためには飲食サービス業での業務を規定の期間(通算3年以上、協会会員は2年)経験する必要があります。

合格した上でさらに経歴を重ねたり、協会の推薦を得たりすることで、シニアソムリエやマスターソムリエを目指すことができるようになります。

これらの資格は、ソムリエとして飲食店などで勤務したい人を対象としたものですが、JSAでは他にもワインに関する資格として、ソムリエの受験資格に満たない人や一般愛好家向けの「ワインエキスパート」というものがあります。

ソムリエ試験の難易度・合格率

全日本ソムリエ連盟認定資格

「全日本ソムリエ連盟 (ANSA)」 が認定する資格です。

「ソムリエ」「ワインコーディネーター」「プロフェッショナルソムリエ」の3種類がありますが、これらは決められた講習を受ければ、実務経験は問われません。

ソムリエ、ワインコーディネーターの試験に合格することで、プロフェッショナルソムリエの受験資格が得られます。