ソムリエになるには

ソムリエの免許や資格

フランスでは国家資格となっているソムリエですが、日本には国家資格がありません。

しかし、民間の資格として「日本ソムリエ協会」が認定するソムリエ資格と、「全日本ソムリエ連盟」が認定するソムリエ資格があります。

これらの資格を持っていなくても働くことはできますが、持っていたほうが勤務先やお客さまに自分のスキルをわかりやすく示しやすいでしょう。

また取得をめざす過程で、ソムリエとして働くうえで役に立つ知識を得ることもできます。

日本ソムリエ協会(JSA)のソムリエ資格

・マスターソムリエ
・シニアソムリエ
・ソムリエ
・ワインエキスパート(ワインの一般愛好家を対象としたもの)

※2016年度より、かつての「ワインアドバイザー」はソムリエに、「シニアワインアドバイザー」はシニアソムリエに統合されています。

全日本ソムリエ連盟 (ANSA) のソムリエ資格

・プロフェッショナルソムリエ
・ソムリエ
・ワインコーディネーター

これらの資格試験は、難易度や飲食業にかかわってきた期間などによって、挑戦できる対象が異なります。

日本ソムリエ協会認定資格の中でいえば、「ワインエキスパート」は、20歳以上であれば誰でも受けることができる試験です。

対して、「ソムリエ」資格は、飲食業に一定以上の期間携わっていないと受験資格を与えられません。

また、全日本ソムリエ連盟には実務経験は必要ありません。

自分の経験やスキルにあわせて、挑戦する試験を少しずつステップアップさせていくのもよいでしょう。

ソムリエ試験の難易度、合格率

どんな就職先があるか

多くのソムリエは、ホテル内のレストランやバーなど一般的に高級とされる飲食店で働いています。

これは小さなレストランでは、シェフやウエイターが幅広い業務をこなすため、ソムリエとしての仕事が発生しづらいからです。

資格を取得してもソムリエとして就職できるとは限りません。経験が必要な仕事のため、未経験の状態でソムリエ専任として就職するのは困難です。

そのため、まずは飲食店に接客係として就職することを第一に考えるのもひとつの手です。

働く中でソムリエの上級資格取得をめざしたり、ソムリエ業務「も」こなせるシェフやウェイターになる、という選択肢もあります。

女性のソムリエ

女性の場合はソムリエではなく、ソムリエールという呼称になります。そういう単語が存在しているからには、もちろん女性にも十分つとまる職業です。

ソムリエ・ソムリエールの一番の仕事は、お客さんに最高の食事シーンを提供することです。そのために良いワインを準備し、適切な料理をすすめ、快適な空間を作りだします。

もてなしや気づかいが得意な女性に向いている職種といえるかもしれません。