ソムリエの勤務時間・休日

ソムリエの勤務時間

多くのソムリエの勤務時間は、勤めている飲食店の営業時間自体よりも、いくらか早めに始まって遅めに終わります。

たとえば一般のレストランなら、昼ごろの開店が大多数です。

ホテルに入っているレストランならモーニングタイムがあるのでもっと早いかもしれませんし、バーで働いている場合は夕方以降の営業になるでしょう。

そのうえで開店準備や閉店準備を行うために、前後数時間の勤務を求めているお店が多いようです。

ランチとディナーを出しているレストランの場合、11~23時の範囲で営業しているお店がほとんどです。他の職業と比べると、全体的に遅めの時間帯での勤務になるでしょう。

ソムリエの労働時間

ひとつの店舗に雇われているソムリエの人数は、けっして多くありません。したがって営業時間中はずっと一人のソムリエが働いているケースもざらです。

また飲食店は土日の来店者がおおいため、休みは平日メインになります。

ワインや食卓、人をもてなすことが心から大好き、という方でなければ途中でつらくなってしまうかもしれません。しかしそのぶん必要とされている実感がわきやすい、やりがいのある仕事ともいえます。

ソムリエの休日

せっかくの休日ですが、もともとワイン好きが多いソムリエの中には、休日もワインに関わってすごしたいという人が珍しくないようです。

そういった人たちは、たとえばワインショップに足を運んだり、ワイン関連の本を読んだり、ワインが飲めるお店に行ったりしています。

休みの日もソムリエとしての勉強を欠かさないというような人が、一流のソムリエになることでしょう。