ソムリエの1日

開店準備

基本的には、勤務先の飲食店の開店時間よりも数時間早めに出勤します。店によってだいぶ違いはあるでしょうが、たとえばレストランなら昼頃の開店が多いようです。

出勤したらワインセラーの温度や湿度を確認したり、ワイングラスを磨いたり、店内の掃除をしたりといった開店準備を行います。

店によっては昨日の売上や今日の予算確認、ワインの販売計画をソムリエに任せていることもあります。

予約客や店の日替わりメニューがある場合には、料理にあわせてその日に出すワインを事前に考えておく必要もあるでしょう。

来客開始

お客さんが来店するのは、ランチタイムとディナータイムが中心となります。来店客に食前酒として最初のワインを提供するのは、ソムリエにとってもとくに重要な役目のひとつです。

必要があれば、あわせて料理の紹介や提案も行います。

食事が始まってからも、肉料理や魚料理の前にはメインとなるワインを、食後には食後酒をすすめる仕事があります。また絶えずお客さんの様子に気をくばり、快適な空間を提供することが求められます。

その間にも、タイミングを見計らって自分の食事をとったり、来店したワイン業者の対応を行ったりします。

閉店準備

来店客がすべて帰ったら、その日の営業は終了です。開店前と同じようにワイングラスを磨いたり、ワインセラーの調整を行ったり、掃除をしたりします。

またワインの在庫を確認し、必要があれば発注作業も行います。

これも店によってさまざまですが、ワインを出すレストランなどは夜まで営業していることが多いので、遅ければ日付を越えてから帰宅する場合もあることでしょう。