ソムリエの勉強方法

ワインの知識をたくわえる

まず手をつけるべきことは、ワインを中心とした飲み物について詳しくなることです。これは学校に行かなくても、独学で十分に可能でしょう。

ワインを出しているお店に足を運び、メニューを眺めたり実際に味わってみたりすることも勉強になります。

また多くの本を読むことで知識を増やしたり、インターネットで新しい情報を得たりすることも大切です。

資格取得をめざす

日本でソムリエとして働く場合、資格は必ずしも必要とされていませんが、持っていて損はありません。

ソムリエを目指す人がまず欲しい資格といえば、日本ソムリエ協会が認定している「ソムリエ呼称資格認定試験」でしょう。

基本的に「ソムリエ」と「シニアソムリエ」の2種類の試験がありますが、いずれも一定期間以上の実務経験がないと受けられません。

そのほかに、同協会が認定する「ワインエキスパート」という試験があります。こちらは20歳以上であれば誰でも受けることができます。

いずれもワインスクールや問題集、協会の登録制度などを活用すれば、効率よく受験することが可能です。

専門学校に通う

ワインスクールに行って資格を取るばかりが、ソムリエをめざす近道ではありません。

たとえば調理学校や観光系の専門学校に通うという手もあります。なぜならソムリエは、ワインにだけ詳しければよいわけではないからです。

調理学校に通えば、ワインと合う料理に詳しくなったり、自分でおつまみを作れるようになったりします。将来的に飲食業にもつきやすくなるでしょう。

また観光系のホテル学科やレストラン学科では、接客の技術や心構えを学ぶことができます。これもソムリエをつとめるには大きなメリットです。

ひとつの方法にこだわりすぎず、視点を変えてみることで進む道が増やせることでしょう。