測量士太田 昭次さん

東京都出身。高校卒業後、東京測量専門学校(1年制)へ進学。都内の測量会社へ就職し、2001年、株式会社CSS技術開発へ中途入社。現場のリーダーを経て、現在は測量部副部長として後輩の育成と管理、業務効率化推進等に携わる(2017年3月現在)。「基準点測量1級」取得。

座右の銘:何事も社会勉強

HP:株式会社CSS技術開発

太田さんが測量士になったきっかけを教えてください。

学生の頃からアウトドアが好きで、外で働ける仕事に就きたいと考えていました。高校在学中、いろいろな職業を調べるなかで「測量」という仕事があることを知ったんです。

正直にいうと、最初は「図面が描ける仕事なんてカッコいい!」くらいの気持ちでしたが、一生食べていける仕事だということも聞いて、この道に進んでいこうと決意し、測量の専門学校へ進学しました。

専門学校はどのようなところだったのですか?

僕が通っていた専門学校は1年制、2年制、3年制と3コースあり、そのなかで僕は昼間の1年制コースを選びました。最短期間で学び、早く仕事がしたいと思っていたんです。

ちなみに測量士の資格を取得する方法はいくつかあって、僕の場合はまず学校で1年学ぶことで「測量士補」という資格を得て、そこから2年間実務経験を積み、申請をすることで測量士になりました。

学校には、すでに測量の仕事をしながら学んでいる30代や40代の人もいて、現場の生の声を聞けたのがよかったですね。

専門学校卒業後は、どのような会社に就職されたのでしょうか?

最初に就職した会社は、土木工事の測量を中心に手掛けている都内の会社です。学校では基礎を学んできましたが、会社に入ればいきなり応用のような仕事を任されます。もちろん、最初は不安もありました。

でも、できることからコツコツと積み上げていき、3年くらいすると「頭(あたま)」という現場を仕切るリーダーの役目を担うようになりました。

それからは直接お客さまとやりとりする機会が増えて、プレッシャーを感じていた反面、やりがいも一気に大きくなった気がします。

結局、その会社では5年ほど働いて当社へ転職したのですが、そのきっかけのひとつは、自分の出身地である多摩地区に戻って働きたいという気持ちが強くなったことです。

現在の太田さんの仕事内容を教えてください。

昨年までは外へ出て、現場の一員として測量をしていましたが、2017年1月からは社内でマネジメント業務中心に携わっています。

測量業界は昔ながらの職人気質のようなところがあり、測量工程の1から10まですべて一人でやるというケースが多いのですが、当社では「分業」制を採用していて、チームとしていかに効率的に仕事を進めるかをつねに考えているんです。

ですので、僕は外で測量をする人と、社内で図面作成などの作業をする人がうまく連携できるように調整したり、皆の仕事が滞っているところはないかチェックしたりといったサポート的な役目をおもに担っています。

測量の大まかな流れを教えていただけますか?

僕らの仕事は、まず測量をするための準備からスタートします。社内で図面や資料を見て、測量をする場所の状況を確認。

準備が整うと、お客さまと日程を調整して、現場に行く測量士の割り振りを行います。

測量担当者が決まれば、本人は準備された資料に目を通して、自分で「こういう測量をやろう」というのを考え、僕も場合によってアドバイスをします。

そして現場での測量が終われば、その内容を内勤スタッフに渡して計算や図面作成を実施。

最終的な成果品をまとめて、現場の担当者が確認し、最後に僕がチェックをして、OKが出ればお客さまに納品するという流れになっています。

このように、現場ごとにいろんな人の手を介して納品物はできあがっていきます。