ソーシャルワーカーのやりがい、魅力

利用者の困りごとを解決し、喜んでもらえる

ソーシャルワーカーが最もやりがいを感じるのは、利用者が抱えている困りごとや不安を解決でき、喜んでもらえたときです。

ソーシャルワーカーの仕事は多岐に渡りますが、いつでも一人ひとりとしっかり向き合って話を聞きながら、必要な福祉サービスを提案したり、相手ができないことに手を差し伸べます。

こうしたコミュニケーションを通して「ありがとう」の声を直接かけてもらえることも多く、人の笑顔をたくさん見ることができます。

自分が役に立っているという実感が味わいやすく、日々やりがいを感じられるでしょう。

社会的な貢献性が高い

ソーシャルワーカーは、活躍の場に応じて、子どもから高齢者まであらゆる世代の人と接する仕事です。

福祉サービスを必要とする人はどの時代にも必ずおり、社会的な貢献度がとても高い仕事だといえます。

ソーシャルワーカーの使命は、突き詰めれば「困っている人を助ける」というシンプルなものですが、自分の力によって相手の自立や社会復帰を実現することもできます。

社会に貢献したいという気持ちが強い人にとっては、達成感も得やすい仕事だといえます。

国家資格を武器に仕事ができる

ソーシャルワーカーとして働く人の多くは、社会福祉士の国家資格を持っています。

この資格は「社会福祉士法及び介護福祉士法」で定められており、社会的な認知度や信頼性も高いものとなっています。

また、一度取得すればずっと有効であり、身に付けたスキルを生かして就職や転職をする際のアピール材料にもなります。

ソーシャルワーカーはさまざまな場所で必要とされており、「国家資格」という武器を持っていることで、活躍のチャンスも広がっていくでしょう。