ソーシャルワーカーとケースワーカーの違い

ケースワーカーとは

「ソーシャルワーカー」と「ケースワーカー」。どちらも福祉の現場に勤務し、日常生活を送るうえで困難を抱える人の相談援助に携わる仕事です。

では、いったい両者にはどのような違いがあるのでしょうか。まずは、ケースワーカーという仕事について見ていきましょう。

「ケースワーカー」は、一般的に、福祉事務所で相談援助の仕事に就く職員のことをいいます。

福祉事務所とは、都道府県や市、また一部の町村に置かれている公の施設であり、住民にとって社会福祉全般の窓口としての機能を果たします。

一般的に、こうした福祉の行政機関で働く相談員のことを「ケースワーカー」と呼ぶことが多くなっていますが、民間の医療施設や福祉施設で相談員として働く職員のことも、ケースワーカーと呼ぶ場合があります。

広義な意味を持つソーシャルワーカー

次に、ソーシャルワーカーについて見ていきましょう。

「ソーシャルワーカー」は、もともとは社会福祉事業に携わる人の総称として使われていた言葉ですが、現在は「社会福祉士」の資格を持って、福祉関連の相談援助業務に就く人を指すことが多くなっています。

なお、ケースワーカーとして働く人も、社会福祉士の有資格者であるケースは多々あります。

そのため、公的機関で働く相談員でもソーシャルワーカーと呼ばれることはありますし、ソーシャルワーカーという言葉は、非常に広義な意味を持って使われるといえます。

簡単にいえば、ソーシャルワーカーの中にケースワーカーが含まれると考えておいてよいでしょう。

ソーシャルワーカーの呼び方はさまざま

また、ソーシャルワーカーをもっと細かく見ていくと、

・病院などの医療施設で相談援助を行う職員は「医療ソーシャルワーカー(MSW)」
・その中でも精神に障害を抱える人を対象とする場合は「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」
・国家資格の名前でもある「精神保健福祉士」

といった風に分類されることがあります。

そのほか、児童を対象とした相談援助業務を行う人は「保健児童ソーシャルワーカー」や「児童福祉司」と呼ばれることがあります。

さまざまな名前を挙げてきましたが、いずれも、何らかの理由によって日常生活を送ることが困難であったり不安を抱える人に対し、関連機関や各分野の専門家と連携をとりながら援助を行う、というソーシャルワーカーの基本的な役割はほぼ同じです。

また、たとえば病院で働く場合でも、施設によって呼ばれ方が異なることもあります。そのため、就職先を探す際は名前だけに惑わされず、仕事内容などをよく確認する必要があります。

仕事体験談