ソーシャルワーカーの給料・年収・収入

初任給・年収

ソーシャルワーカーは多種多様な職場で働いており、勤務先の規模や地域、実務経験、勤続年数、年齢などによって給料には差があります。

なお、ソーシャルワーカーの多くは「社会福祉士」あるいは「精神保健福祉士」の国家資格を取得したうえで働いています。

そのため、基本給に資格手当がプラスされたり、基本給自体が専門職扱いとして若干高めに設定されているケースもあるようです。

初任給は、だいたい17万円~23万円程度、年収は270~350万円程度が相場といわれています。

ただし、ソーシャルワーカーは大卒の人もいれば、短大卒、あるいは専門学校卒の人もおり、学歴によって基本給に差がついていることも多いです。

福祉事務所などで公務員として働く場合は、各地方自治体の公務員給与規定に準じた給料が支払われます。

民間の施設でも、だいたいその地域の公共機関と同水準の給与設定となっているようです。

安定性が高い公務員

近年は、社会福祉士あるいは精神保健福祉士の有資格者を対象とした「常勤職員」の採用を行う自治体が増えてきているようです。

この場合、ソーシャルワーカーも地方公務員の身分となり、さまざまな待遇が適応されるほか、もし「専門職」としての採用であれば、一般的な事務職の地方公務員よりも高い給与を得ることができます。

ただし、毎年の採用は行わない自治体もあるため、こまめに情報を調べておく必要があります。

収入アップのためには

ソーシャルワーカーにとって、病院等の医療機関も代表的な職場のひとつとなります。

ただし、そこに勤務する「医療ソーシャルワーカー」は医療職とは異なるため、医師や看護師などと比べると、さほど大きな収入を得られないのが現実のようです。

また、特別養護老人ホームなどでは生活相談員として働く場合には、ケアマネージャーと連携して仕事をすることも多々あります。

こうした現場では「実務経験」を重要視されることが多く、たとえ社会福祉士や精神保健福祉士の国家資格を持っていなくても、介護経験が豊富であったり、福祉現場の第一線で働いたことがある場合には、有資格者よりも多めに給料が支払われることもあるようです。

経験を積んでいき、その中で国家資格も取得すれば、少しずつではありますが昇給が望めます。

施設長クラスになると、さらに収入はアップしていくでしょう。

仕事体験談