医療ソーシャルワーカーとは

病院で働くソーシャルワーカー

ソーシャルワーカーには、多様な活躍の場があります。そのうち、病院をはじめとする保険医療機関で働くソーシャルワーカーは、一般的に「医療ソーシャルワーカー」と呼ばれます。

病院へ入院あるいは外来通院する患者さんは、実にさまざまな不安や悩みを抱えています。

たとえば、「入院費はいくらかかるのか」「退院後の生活や仕事は元通りにできるのか」「介護をしてくれる人が見つからない」など、人それぞれ困っていることの内容は異なります。

こうしたなか、社会福祉の立場にいる医療ソーシャルワーカーは、患者さんやその家族の方々と向き合いながら、彼らが抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰を支援していきます。

具体的な仕事内容・役割

厚生労働省の発表によれば、医療ソーシャルワーカーの主な業務内容は以下の通りとなっています。

1.療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
2.退院援助
3.社会復帰援助
4.受診・受療援助
5.経済的問題の解決、調整援助
6.地域活動

上記のように、医療ソーシャルワーカーの業務範囲は幅広いものとなっています。

「誰に相談したらいいのかわからない」という場合にも医療ソーシャルワーカーがまず話を聞き、そこから必要な情報を提供したり、直接援助を行っていきます。

そのほか、必要に応じて医師や看護師といった病院のスタッフとの通訳的な役割を担ったり、病院の中で相談にのりきれない事柄に関しては、適切な施設と連携をとって支援を行います。

医療ソーシャルワーカーの活躍の場

医療ソーシャルワーカーの活躍の場は、病院や介護老人保健施設、精神障害者社会復帰施設などの保健医療機関です。

一般的なソーシャルワーカーと同じく、この仕事に就くために絶対に必要とされる資格はありませんが、福祉に関する専門的な知識が求められるため、国家資格である「社会福祉士」や、任用資格である「社会福祉主事」の有資格者であることが求められるケースも多いです。

なお、すべての病院等に医療ソーシャルワーカーが置かれているわけではありません。

仕事体験談