手話通訳士のやりがい

社会貢献度の高い仕事

手話通訳士は、聴覚障害者の積極的な社会進出に欠かせない存在です。

時代とともに手話通訳のスキルを持つ人材の需要は高まっており、働きながら社会に貢献している喜びが実感できるのは、この仕事ならではの魅力といえるでしょう。

楽な仕事ではありませんが、「人の役に立ちたい」「困っている人を助けたい」という強い意志を持った人は、日々大きなやりがいを感じながら働くことができるはずです。

多くの人と触れ合える

障害者・健常者問わず、多くの人と関わりながら働けることも手話通訳士のやりがいです。

自分の手話通訳によってコミュニケーションがうまくいけば嬉しくなりますし、達成感を味わえます。

また直接人と接する分、相手の反応がわかりやすく、「自分が役に立っている」という実感を味わいやすいことも特徴です。

もちろん、ときには失敗してしまったり、自分の思うようにいかないこともあるかもしれません。

しかし、失敗を繰り返しながら前向きに仕事に取り組んでいくことで、多くの人々を支えることができる仕事です。

一生モノのスキルになる

手話通訳の仕事だけで生計を成り立たせるのは大変ですが、手話通訳は専門性の高いスキルなだけに、一度覚えれば自分の強みとして活かすことが可能です。

別の仕事をする中でも手話を使える場面が出てくるかもしれませんし、街で出会った聴覚障害者の人を助けることもできるでしょう。

とくに介護や福祉の現場で、手話通訳ができることがプラスに働くケースは多々あります。

世の中の手話通訳への注目度が高まる中、正しい知識とスキルを身に付けた人は、さまざまな場所で力を発揮することができるようになるでしょう。