アルバイトの手話通訳士

ボランティア的要素が強い

手話通訳の仕事自体、自治体の予算が足りないため、各種講習会を修了した上級者にボランティア(無償)として働いてもらう、という形態が大半であるのが現状です。

したがって、手話通訳のアルバイト募集は極めて少数です。

個人で求人を見つけるのは困難

前述のとおり、ごく少数である手話通訳のアルバイトは広く一般的に募集をかけるものではありません。

手話通訳の技術がある程度ある人でなければ務まらない、極めて専門性の高いアルバイトであるため、手話通訳の勉強をしている学生のいる教育機関や、サークル等に求人が届くことになります。

一般的なアルバイトのように求人誌や求人サイトで見つかるようなアルバイトとは異なります。

資格がなくても応募可能

手話通訳のアルバイトは必ずしも「手話通訳士」の資格が必要という訳ではありません。

都道府県認定の手話通訳者の資格、または、それと同等の能力があれば、応募することが可能である場合がほとんどです。

もちろん、手話通訳士の資格があれば有利であることは言うまでもありませんが、資格の有無で業務内容に差が出ることはほとんどないでしょう。

一般的なアルバイト感覚では務まらない

手話通訳のアルバイトは、依頼者の都合に合わせて発生するものであるため、時間帯もまちまちであり、コンスタントに仕事があるとは限りません。

こうした面から考えても、自分の都合に合わせて、自分の目標金額を貯めるということが目的のアルバイトを求めるのは、あまり現実的ではないかもしれません。

しかし、手話通訳士を目指す上で現場経験を積むという意味では非常に価値のあることであるといえるでしょう。

アルバイトで、手話を生かす

手話通訳のアルバイトは手話通訳の技術を向上させるための現場経験を積むという意味合いで考えるべきものであり、生計を立てるためのものであるという要素が極めて低いものであることは前述の通りです。

そのような目的であれば手話通訳技術の生かせる一般的なアルバイトをするというのも一つの方法であるといえます。

たとえば、ろう学校の近くのファーストフード店でアルバイトをした場合、耳の不自由な方が来店する可能性が高いと考えられます。

このような場で手話の技術を使うことは手話通訳士を目指す上で大いに意味のある経験であるといえるでしょう。