出版社社員のやりがい、魅力

完成した書籍を手にした時

毎日忙しく働く出版社社員にとって、雑誌や書籍の完成は待ちに待った瞬間です。

とくに責任者として企画から制作、印刷までのすべての工程にかかわり、たくさんのスタッフとともにハードワークをこなしてきた編集者にとっては、製本された書籍の完成品を手に取る時までは不安がつきまとうもの。

無事に納品された時にはホッとすると同時に、大きなやりがいと感動が訪れます。

誰よりも先に本を読める

そもそも出版社に勤めようと考えるのは、小さいころから本を読むのが好きだったという人がほとんどです。

とくに小説の場合、印刷前の原稿の状態で一般の読者より前に読むことができるのは、出版社社員の特権だといえるでしょう。

また、今では少なくなりましたが、手書きの原稿には作家が推敲した後が残されているので、書籍の表には出ない作家の思惑や苦悩を読み取ることができます。

これも非常に趣き深く、出版社社員ならではの贅沢な楽しみです。

普通は会えない人に会える

作家をはじめ、取材先ではタレントや大企業の経営者、有名シェフなどといった、普通の生活ではめったに会うことのできない人に会える機会が多いことも魅力のひとつです。

刺激を受けることで人生の糧になるのはもちろん、さまざまな人脈のパイプができるチャンスもあります。

ベストセラーを世に出せる

出版不況といわれて久しい現在ですが、それでも毎日200から300タイトルもの新刊が発売されています。

その中で1万部売れる新刊は、全体のわずか1%弱。3万部売れればベストセラーだといわれています。

自分が担当した書籍の中からベストセラーを出すことは編集者の一番の憧れなので、それが叶った時には最高の感動を味わえるでしょう。

ベストセラーには満たないとしても、レビューや寄せられた感想などで、多くの読者に感動を与えることができたことを知る機会があると、「この仕事をやっていてよかった」と心から実感する人が多いようです。