出版社社員の仕事内容、業務内容

出版社の業務内容

出版社とは、書籍や雑誌などの出版物を発行する企業を指します。

出版物の企画から印刷、製本までのクリエイティブな業務に加え、書店への営業や広告宣伝といった、出版物がより広く読まれるための業務も出版社の仕事です。

これらの業務の一部を、業務提携を結んだ企業にアウトソーシングすることも多くあります。

出版社の社員にはデザイナー、編集者、ライター、営業などさまざまな職種があり、協力しながら仕事を進めていきます。

出版物ができるまでのプロセス

企画、役割分担

編集者やプランナー、クリエイティブディレクターなどが書籍や雑誌の内容を企画。企画が通ると、著者やライター、デザイナー、イラストレーター、カメラマンなど必要な人材を決め、仕事を依頼します。

制作、編集

著者やライター、デザイナーなどそれぞれが編集者とやりとりをしながら依頼された内容の仕事をこなし、修正と校正を繰り返して精度を上げていきます。

制作メンバーに加え、プロの校正士がより厳密な校正を行うこともあります。

入稿、色校正

完成した原稿を印刷会社に入稿します。原稿は、現在ではMacintoshパソコンで制作されたAdobe社のDTPソフト、InDesignなどで制作したデータ原稿が主流です。

広告などはグラフィックソフトであるIllustratorやPhotoShopで制作される場合もあります。

印刷会社では入稿データをもとにページの面付けを行い、ゲラと呼ばれる校正用紙を出力して出版社へ出稿。

出版社では制作メンバーが、誤植を防ぐために改めて文字校正を行い、カラーページの色校正を行います。

下版、印刷、製本

校正結果にもとづいた修正がすべて済むと校了となり、印刷会社では印刷用の版をつくる下版、刷版へと進みます。

その後いよいよ印刷を行い、刷り上がったら断裁、折丁、綴じなどの工程を経て製本が完了します。

書店へ出荷

完成した出版物は書店やコンビニエンスストアなどの販売店へ出荷され、ようやく読者のもとに届きます。