出版社への転職、中途採用

同職種からの経験者の転職

出版社の新卒者の採用は、他の業界に比べると多くはありません。能力が未知数の新卒者より、スキルと実績のある経験者を採用したいという考えからです。

ですから大手出版社を目指す場合、倍率の高い新卒で入社試験を受けるより、中小の出版社で下積みを経て、キャリアを築いてから中途採用で大手出版社へ転職するほうが、採用される確率が高いといえるでしょう。

「編集者から編集者」をはじめとする同職種への転職のほか、「ライターから編集者」、「編集者から校正者」など、仕事内容をよく把握している近しい職種への転職も成功しやすいといえます。

前の会社では正当な給与アップが叶わないと判断した人が、転職により大幅に給与を伸ばしたり、同等の給与でもより労働時間が短くなったり、といった例はよく見られます。

異業種からの未経験者の転職

出版不況といわれて久しい昨今、出版社の採用数も以前と比べると低い状況が続いています。

まずは、そのような状況下でも出版社に転職する確固たる意志があるのかをよく自問自答したほうがいいでしょう。

「面白そう」「格好いい」「本が好き」というだけではとても務まる仕事ではありません。

それでも、どうしても出版にかかわりたい、という意志があるならば、今度は業界全体が落ち込む中でも勢力拡大を見せる元気な会社を選ぶことが大切です。

営業職や事務職など、制作以外の職種の場合、異業種からの転職であっても熱意で採用に至ることは十分に考えられます。

問題なのは、編集者やライターなどの制作にかかわる職種への転職。出版社側ではもっとも経験者を採りたい職種だからです。

いくら他社で社会経験を積んでいるとはいえ、スキルと経験がなければ即戦力としては務まりません。

唯一、採用される可能性があるのは、企画にかかわる仕事をしていたアイディアに長けた人材の場合です。

こうした人は、「自社で社員を育てよう」という意識のある会社を選び、アシスタントから雑用係のつもりでスタートするくらいの覚悟を持っていれば、採用される確率も高まるでしょう。