出版社と編集プロダクションの違い

出版社の仕事とは

書籍や雑誌などの出版物を発行する会社を出版社といい、大きく分けると制作、営業、管理の3部門の業務を行っています。

制作はヒットする書籍の内容や面白い雑誌の特集の内容を考える企画に始まり、編集者を中心に誌面構成を考えて、著者やデザイナーなどのクリエイターと協力しながら原稿をつくります。

印刷会社へ入稿し、納品物を確認するところまでが制作の仕事です。

営業は、出版物の流通は出版社から問屋にあたる取次店へ、そして書店やコンビニエンスストアなどの小売店へ流れ、消費者のもとに届きますが、各段階で自社の商品が売れるように働きかけるのが仕事です。

書店や取次店に対して新刊をPRし、消費者を対象としたイベントの企画、運営なども行います。また、雑誌を発行している場合には、雑誌に掲載する広告営業も担当します。

管理は印刷会社をはじめとするアウトソーシング先の選定や、経営、経理、財務などといった、会社を持続させるための業務を行います。

編集プロダクションの仕事とは

編集プロダクションは、上でお話しした出版社の制作部門を代行する会社を指します。

つまり、出版社の依頼を受けて、企画、取材、編集、ライティング、イラスト、デザイン、撮影など、制作の一部分を行うことが業務内容になります。

社内にはディレクターと編集者を抱え、ライターやデザイナー、カメラマンはフリーランスの人に依頼することが多いようです。

決定的な違いは?

本来は企画、取材、編集は出版社が行い、実制作の部分を編集プロダクションにアウトソーシングするパターンが主流でしたが、現在では雑誌の場合、ページ単位で丸投げをすることが多くなりました。

制作の業務内容自体は線引きがあいまいだというのが実情です。

決定的な違いは、出版社は自社でメディアを持っていること。これにより、広告収入や流通・物販による利益が生じています。

出版社に比べて編集プロダクションは平均年収が安く、労働時間が長いという、ハードワークを強いられる環境だということも大きな違いだといえるでしょう。