出版社に特有の職種

編集者

編集者(エディター)は書籍や雑誌の企画を立て、納品されるまでの管理を行う職種です。

作家やライター、デザイナー、カメラマン、イラストレーターなどに仕事を依頼し、それぞれから上がってきたクリエイティブをまとめて入稿まで進めます。

印刷会社とのやりとり、スケジュール組みや進行管理、校正も編集者の役割です。ちょっとした文章やレイアウトの修正なら自分でやってしまうという編集者もいます。

出版物が完成するまでの全工程にかかわる、出版社の中心となる職種が編集者なのです。

編集者の仕事

校正者

出版物をはじめとする印刷物を制作する時に、誤字や脱字、文法の間違い、表現の違和感などを見つけ出し、訂正する仕事を担うのが校正者です。

日本語に関するあらゆる知識が頭に入っていて、文章を書いている当事者である作家やライターでさえ見落としているような間違いに気づくのがプロの校正者。

誤植は印刷のし直しや、読者に対して信頼をなくしてしまう可能性のある大きな問題であるため、校正者は書籍や雑誌の信頼を支えている大切な職種だといえるでしょう。

出版社によっては、能力の高い校正者を専任で抱えているところもあります。

校正者の仕事

雑誌取材記者

音楽雑誌ならアーティストへのインタビュー、グルメ雑誌なら店舗への訪問取材、ゴシップ雑誌なら有名人のプライベートへの張り込み、ビジネス誌ならトップインタビューや対談のレポートなどを行うのが取材記者です。

ライティングまで手がける人と、取材のみを担当し、録音した音源をライターに渡してバトンタッチする人がいます。

装丁家

装丁家(ブックデザイナー)は書籍の表紙やカバーのデザインを行う職種です。デザインに凝った企画本の場合、本文を含めて一冊丸ごとの装丁を行うこともあります。

また、仕事の本数自体が多くはないため、デザイナーやイラストレーターなどがこの仕事を兼任するケースも多く見られます。

出版社の社員として常駐するより、必要に応じてフリーランスの装丁家へアウトソーシングする方法が主流です。

ブックデザイナー(装丁家)の仕事