出版社社員に必要な資格、スキル

資格は必要か?

実力主義の出版業界において、資格は一切通用しないと言っても過言ではありません。第一線で活躍する編集者であっても、何の資格も持っていない人が大勢います。

強いていえば、営業職の人は普通運転免許を取得しておくに越したことはありません。

出版関係の営業には紙見本や見本誌など、重くかさばるものを持ち歩く機会が多く、社用車を運転できるほうが都合がいいためです。

また、クリエイターには資格そのものは必要ありませんが、スキルを持っていることの目安となる検定は存在しています。

本気度をアピールしたい未経験者の場合は採用試験のプラスになる可能性もあるので、次の資格は取得しておいても損はないでしょう。

DTPエキスパート認証試験

DTP(Desktop Publishing)とは、原稿作成や編集、デザインなどの作業をパソコンで行い、印刷会社へデータで入稿して出版まで行う方法。

その業務に関する知識と技術を認証するのが、公益社団法人 日本印刷技術協会による「DTPエキスパート認証試験」です。

校正技能検定

1964年に創立された、老舗の編集者養成学校、日本エディタースクールが主催・実施する、「校正」の技能を認定する唯一の検定試験です。

書籍製作技能検定

日本エディタースクールが主催・実施する、書籍の編集実務に必要な知識や技能を認定する試験です。

パソコンスキル

デザイン関連職の場合

編集者やクリエイティブディレクター、デザイナーなどの場合、MacintoshパソコンやAdobe社のInDesign、Illustrator、PhotoShopなどの操作スキルが必要です。

入社してから覚える機会もありますが、スキルがあれば入社後すぐにアシスタントとして実務に就けるため、先輩たちに重宝されるでしょう。

営業、事務など一般職の場合

Windowsパソコンを使用していることが多く、Microsoft社のWord、Excel、PowerPointの操作スキルが必須になります。