出版社社員として働くためには

新卒での入社

ひと口に出版社といっても、大手から小規模までさまざまな会社が存在しています。規模が大きくなるほど大卒の学歴が必須条件に挙げられる可能性が高いため、大学で学ぶに越したことはないでしょう。

大手出版社の社員は難関大学卒の人が多いことから、難関大学を修了したほうが有利であるといえます。

中小出版社の場合も難関大学卒のほうが有利ではありますが、それは最終的な候補者が2名いて、どちらかに絞らなければならない場合に参考にする程度。

それよりも、たくさん本を読んでいる、企画やアイディアを出すことが得意などといった素質や人間的な魅力で選ばれることが多いようです。

学部や学科についても同様で、文系のほうが適しているように見えても、理数系出身の人のほうが好まれることも往々にしてあり、何を学んできたかよりも何を生み出せるかのほうが重要視されていることがわかります。

転職での入社

上の項で、大手は大卒を採る傾向にあるお話をしましたが、経験者の転職の場合はその限りではありません。中小の出版社で経験を積み実力が認められた人なら、高卒であっても大手に転職できる可能性は十分にあります。

また同じ出版業界内の職種から、転職を機に別の職種への転身を望む場合、たとえばライターだった人が編集者として転職する際などは、仕事の内容や進め方を熟知しているため、採用される可能性は高いでしょう。

アルバイトや派遣社員からのルート

出版社は全般的に、忙しい時期にアルバイトや派遣社員を募集することが多い業種です。

仕事の内容は経験や配属される部署によって異なりますが、例を挙げると未経験の学生アルバイトの場合、編集者のアシスタント的な立場で電話応対やコピー、資料作成、情報集めなど。

出版業界ではなくてもパソコンスキルのある実務経験者の派遣社員の場合、パソコン入力によるデータ整備やグラフィックソフトを利用したオペレーションなどを行います。

アルバイトや派遣社員であっても、勤める期間が長くなるほど出版業界のしくみがわかり、できる業務も広がっていくため、先輩社員の推薦で正社員への道が開けることも少なくありません。