女性の出版社社員

編集部門の女性構成

ある調査によると、出版社をはじめとする編集部門で働く女性のうち、既婚者の割合は34.4%。男性に対する比率は20代、30代では30%以上と、1/3ほどを女性が占めていることがわかります。

40代では女性の比率は15.6%に下がりますが、これらの結果から既婚者でも編集の仕事を続ける人が多いものの、産休や子育て後の復帰は難しいことが読み取れます。

出版社の編集者は残業が多く、ハードな仕事の代表格ではありますが、体力と情熱があれば、子どもができるまでは男性と対等に働ける職種だと考えていいでしょう。

ママの職場復帰の難しさ

編集というのは、企画から始まって、取材、制作、印刷と、雑誌や書籍が納品されるまでのすべての工程をトータルで把握し、コントロールする立場の仕事です。

朝から終電まで会社に詰めるような日が当たり前のようにあり、作家や取材先の都合、入稿作業の進み具合などによって1日のスケジュールが変動することも多々あり、何時に帰れるかは読めない状態。

共働きが当たり前のご時世なので、結婚してもご主人の理解があれば家事を分担して仕事を続けることはできても、妊娠がわかった時点か、妊娠中の体調が不安定な時期に限界を感じて退職する人がほとんどです。

規模の大きな出版社の場合は福利厚生がしっかりしていて、産休後の復帰をサポートする体制も整っていることが多いですが、現実には子育てをしながら復帰をすることは不可能だということは本人が一番わかっています。

「子どもができるまで」と割り切ってこの職に就いている女性が大半だといえるでしょう。

既婚女性が活躍するジャンル

男性向けの雑誌の編集部では女性の比率は低いですが、女性向けの雑誌では編集長をはじめ、ほとんどのスタッフが女性だということも珍しくありません。

ファッションやライフスタイル誌をはじめ、ミセス向け雑誌、子育て応援雑誌など、女性向けの雑誌は多ジャンルに及んでいます。

また、グルメ雑誌の記者や編集者にも女性が多く、女性ならではの繊細な味覚が活躍しているようです。