出版社社員になるための学校、大学学部

出版社と学歴の関係

出版社での仕事には、大学での学びよりも現場で培った実力が重視されます。現に経験者の転職では学歴は問われないことが多く、作品の実績や企画力などのスキルで採用が決定しています。

とはいえ、出版社の規模や方針によっては採用条件に学歴が重視されることもあるため、希望する会社に応じた学校での学びが必要。早いうちに進路を決めて学校を選ぶのが理想的です。

大手の出版社を目指す場合

大手の出版社では新卒採用の場合、大卒を条件としている会社が多いため、「大学を卒業する」という経験はしておくに越したことはありません。

どの学部や学科で学んだかは特に重視されませんが、情報処理やマーケティング、経済の分野での学びは実際の業務に生かされる可能性が高いでしょう。

編集者やデザイナー、クリエイティブディレクターなどの職種を目指す場合、グラフィックソフトを扱えるパソコン技術が必要になります。

大学での学びとは別に専門学校や講座などで技術を習得しておくと、新入社員ながら即戦力として期待できる存在になることができるでしょう。

中小の出版社を目指す場合

大手ほど採用人数が多くはない中小の出版社では、学歴に関する採用条件はまちまちで、「その時求める人材」を臨機応変に採用する傾向にあります。

社会性やコミュニケーション力を重んじる場合や営業職には、大卒であればパソコンのスキルがなくても採用することも。

また、すぐに編集アシスタントとして働いてもらいたい場合はパソコンスキルを重視し、専門学校や大学でDTPの基礎をしっかり学んだ人を採用することもあります。

どの出版社を志望するか決まっていない場合

まずは大学に入り、興味のある学部、学科で学ぶといいでしょう。会社の規模にとらわれることなく、選択肢を広げることができます。

在学中に志望する会社を決めて、必要があればパソコンスキルを習得するために講座を受けたり、大学4年間の間に独学で勉強する方法がおすすめです。