出版社の営業とは

書店営業

出版物の発注は、小売店が売れそうだと判断した商品を取次店へ注文し、取次店から出版社へと注文が寄せられるという流れで、取次店の判断で、売れそうな商品を大量に仕入れておくというパターンもあります。

いずれにしても書店をはじめとする小売店から発注が来なければ商品は売れないので、書店への営業は出版社の営業担当者の仕事の要となっています。

新刊の発行が決まるとチラシや注文票を持って書店の仕入れ担当者のもとに向かい、新刊の内容や魅力をアピール。

その店の客層や過去の売上データをもとに、売れる冊数の見込みを立てて、取次店への発注を促します。

また既存の商品については、在庫チェックや欠本の補充を行い、売上を伸ばすための陳列方法を提案したり、POPやポスターなどの販促物を置いてもらったりといったフォローを行います。

取次営業

出版社の営業担当者は取次店に対しても新刊や売れ筋商品をアピールし、在庫しておくべき商品の提案を行います。

書店営業と大きく異なるのが、多くの出版社と取引がある取次店だからこそ、複数の出版社の商品をまとめて売り出すフェア企画などの提案が可能なこと。

同じテーマに基づいた複数の出版社の商品を集め、出版社と取次店が協力し合って書店へ売り込み、お互いに利益を生み出す施策です。

その他の営業

他にも、自社の雑誌の広告ページに出稿するクライアントとの交渉などを行う広告営業があり、反対に自社の商品の広告を新聞や電車の中吊り、インターネットなどへ出稿するための交渉も広告営業に含まれます。

また、テレビやラジオの番組内、新聞や雑誌の書評コーナーなどにおいて自社商品の紹介を依頼するマスコミ営業もあります。

特に力を入れている新刊や有名な賞を獲得した書籍などの場合は、消費者へ直接PRや営業を行うイベントなどを企画する読者営業を行うことも。

大きな出版社ではこれらの営業はジャンルごとに担当者が分かれ、小さな会社では1人ですべてを担当することが多いようです。