商社マンの役割

総合商社の軸であった輸出入ビジネス

もともと、日本の総合商社は輸出入ビジネス、いわゆる「トレード」を中心に事業を展開してきました。

食料品から石油、石炭、自動車などまで世の中のあらゆるものを世界中と取引し、生産者から原材料を仕入れ、需要のあるメーカーへ提供する。

お互いの利権を調整し、付加価値をつけて販売するといったような、物流の仲介役を担っていました。

現在もこの事業は商社の軸となるものであり、そこに働く商社マンたちも、自分の担当事業に関して世界中のネットワークを張り巡らせ、やりとりをしています。

事業投資への進出

しかしここ最近、「トレード」とは別のビジネスモデルとして、急速に重要度を増しているのが「事業投資」です。

商社が資源開発などを行う会社に投資をして事業経営に参画し、その会社の事業を大きく育てながら利益を得るといったビジネスモデルです。

事業投資では、商社はただ資金的な支援を行うだけではなく、原材料を供給したり、製品を販売するなど、総合商社ならではの強みを生かした事業展開を行っています。この数年、この事業投資によって各総合商社は大きな利益を得ています。

今後も事業投資はさらに活発化してくものと予想されますが、その内容は、あくまでも利益を生み出せるビジネスであることが大前提。

商社では、ものやサービスを生み出すところから、人や会社を繋げるところにまで深く関わり、さらにそこへ付加価値を生み出すという役割が求められています。

このように事業範囲が広がり、海外との取引もますます盛んになるにつれ、国際感覚と時代の流れを読む力、判断力、多くの人の利権を調整する交渉力など、高いビジネスセンスを持った商社マンの活躍が求められています。