商社マンの仕事内容

商社って何?

商社とは、食料品から石油や石炭、自動車、通信衛星まで、世の中のありとあらゆる「もの」を世界中と取引する会社です。このような非常に幅広い分野のものを総合的に扱う商社は「総合商社」と呼ばれ、日本では大手7社がよく知られています。

一方、現在の日本に60社以上あると言われる「専門商社」では、特定の分野の取引に注力して事業を展開しています。

メーカーにとって、できるだけ安く、在庫リスクを減らして良い原材料を調達することは最も重要な課題となります。そこで、ノウハウや専門知識を持った商社がメーカーに代わり、適正な量の原材料を仕入れてメーカーに安定提供していきます。

商社はいわば「売り手」と「買い手」のパイプ役。そして、私たちがお店で好きなものを買ったり、豊かな日常生活を送るために、商社は絶対に欠かせない存在なのです。

商社マンの仕事

このような商社で働く人、特に事務職ではなく、総合職として主に営業などに携わる人のことを、世の中では一般的に「商社マン」と呼んでいます。

商社マンの仕事内容は、おのおのが担当する取引の種類によって実に幅広いですが、その大きな特徴の一つは、世界を舞台に活躍する仕事ということです。

商社マンたちは世界中に星の数ほどある生産者の情報を調べ上げ、より有利な取引ができるよう交渉します。相手はできるだけ高く売りたいと思うため、交渉は簡単ではありません。現地に行って、直接外国人生産者と話す機会もあります。

もちろん海外だけでなく、日本国内のみで完結する業務に携わる人も少なくありません。しかし取引内容によっては、一気に数億円、数百億円という規模のお金が動くこともあり、非常にダイナミックな仕事ができることも商社マンならではと言えるでしょう。

仕事内容は拡大しつつある

このような輸出入の商取引(トレード)以外に、近年の総合商社では、資源開発や新エネルギー開発の権益を得るための投資、IT事業、さらに製品開発から製造・販売まで一貫して手がける会社が増えています。

輸出入だけに留まらず、人と人を繋ぎ合わせて新しい価値を創出していくことが、新たな商社の形です。商社マンには国を超え、常に新たなビジネスチャンスを見出していく力が求められています。

仕事体験談