商社マンの退職金

商社マンの退職金は高い?

商社マンの退職金は高額というイメージがありますが、その額はもちろん人によって異なります。退職金の算出方法は会社によって多少異なりますが、一般的には基本給が高ければ高いほど、また長く勤めていれば勤めているほど、退職金の額も上がります。

商社マンの場合、実際の退職金は1000万円~4000万円程度に収まる人が多いようですが、30代で年収1000万円を超えるなど高い給料をもらっている大手勤務の商社マンの場合、退職金もかなりの額になるようです。

役員など経営幹部にまで昇進していれば、中には1億円以上など、さらに多くの退職金をもらうことが可能です。

一流商社に勤める商社マンの生涯年収は4億〜5億円を超えるとも言われており、他の業界の一般的な会社員と比べると、やはりお金の面でだいぶ恵まれている環境だと言えそうです。

早期退職制度も

近年の大手商社では、「早期退職制度」を設けている会社が増えているようです。これは55歳など会社が定める定年よりも前に退職した場合、退職金を規定よりも少し多くもらえる(1.5倍程度)という制度です。

この制度を利用した場合、中には退職金として5000万円以上をもらえる人もいるため、あえて早期退職を希望して、早いうちから第二の人生を楽しむという人も少なくないようです。

仕事体験談