商社の種類

大きく分けて2種類

商社は、大きく総合商社と専門商社の2種類に分けることができます。

総合商社とは、幅広い分野の商品やサービスを扱う会社のことを言います。食料品から繊維、自動車、鉄鋼、石油…他にも、ありとあらゆるものを扱っています。

三菱商事、伊藤忠商事、丸紅などがよく知られており、最大手では年間売上高10兆円を超えるなど、非常に規模が大きいことが特徴です。

一方の専門商社は、特定の分野に関しての専門性を生かした事業を展開しています。医薬品系、機械系、繊維系といったように、各商社ごとに強みを持っています。

専門商社は日本全国にかなりの数があり、規模はまちまちです。ただし、総合商社やメーカーの子会社・系列会社として存在する専門商社もあります。

時代と共に変わりゆく商社

近年の総合商社は、ただ生産者とメーカーの仲介役を担うだけでなく、新興国や途上国の資源開発事業に投資して資源の権利を得たり、太陽光発電などの新エネルギー開発に参加したり、はたまた製品開発・製造・販売まで一貫して行ったりと、新たなビジネスモデルの開拓に力を注いでいます。

他の総合商社と手を組んで、海外のビッグプロジェクトに参画することもあります。

専門商社では、同じ分野で強みを持ったいくつかの商社が経営統合して新会社を設立するなど、業界再編の傾向が目立ちます。また、近年は専門商社も海外進出する企業が増えており、活躍のフィールドは広がっています。

いずれの商社でも、可能性のある分野とそうでない分野をいち早く見極め、ビジネスとして展開していく力が求められています。