商社マンの勤務時間・休日

勤務時間

商社マンは、自分が勤める会社の就業規則に従って働いています。就業時間は商社ごとに異なりますが、他の業界の一般的な会社員とほぼ同様のものとなっており、9時~18時、8時半~17時半で実働8時間程度ということが多いです。

商社マンはとにかく勤務時間が長いと思われていますが、必ずしもそうではありません。たしかに部署や業務内容によっては残業が多くなりがちで、終電近くまで働くこともあります。

しかし、余裕がある時期は定時で仕事を終わらせて、早めに帰れることもあります。経験を積んで成果を挙げると、自分の裁量で仕事をこなしやすくなります。

ただし営業を担当する場合、仕事が終わってから取引先の接待が入ることもあるため、どうしても帰宅時間が遅くなりがちという声も聞かれます。また、海外赴任になると時差の関係で、日本とは異なる勤務時間帯に働くこともあります。

商社マンを目指すのであれば、多少の忙しさは覚悟しておく必要があると言えそうです。

休日

商社マンの休日は、土日祝日が基本です。休日出勤をするかどうかは、業務内容やその時の仕事の状況によるでしょう。忙しい時期は休日返上で働かなければならないこともありますが、そうでなければしっかりと休んでいる人が多いようです。

繁忙期などを除けば、有給休暇を取得することも可能です。商社マンの仕事は忙しいため、休める時は思いきり休んで、明日への活力を蓄えて仕事に生かすことが必要でしょう。