自費出版とは?

編集費用がかかる

自費出版を推奨している出版社に持ち込んだり、その出版社が主催している文学賞に応募したりすると、自費出版すすめの案内がきます。出版費用は自己負担と出版社の負担になりますが、その割合は出版社によってまちまちですし、その人の作品の出来具合によっても大きく異なります。

例えば良い作品で、それほど修正をかける必要がなければ費用も少なく済みますし、出版社側も売り出したいと考えて自己負担が少なくなります。

逆に出版社側から見ると、出版するにあたってかなりの編集が必要と判断されると出版費用がかさみ、また自己負担率も増えます。

これは出版社にとって一番気にするのが編集費用だからです。簡単に言えば、文章が下手な人であれば、編集費用だけでも100万、200万いってしまいます。無名の新人作家でこの費用を賄うことはまずできませんので、その分の費用は自己負担しなければならないということです。

自費出版からデビューした作家も

現在は自費出版を推奨している出版社は悪質業者として風潮されていますが、実際はそんなことはありません。例えば、「りある鬼ごっこ」でデビューを果たし、瞬く間に売れっ子作家の仲間入りをした山田悠介も、実は自費出版のデビューです。

彼は文章力に問題があったため、編集費用に大きな金額が発生しました。しかし、彼は諦めないで新聞配達のアルバイトなどを経て、いまでは世田谷でマンションを購入するまでにいたっています。

おそらくそれを聞いた方は「彼は例外だよ」と言うでしょう。しかし、小説家になるためには多くの例外を踏み越えなければならないのです。文学賞に受賞するのも例外です。売れるのも例外です。

やってはいけない自費出版のパターン

しかしながら、一番してはいけない自費出版もあります。それは、文学賞に受賞できないから自費出版という苦肉の策をとるということです。文学賞に箸にも棒にもかからない作品は自費出版してもまず100パーセント売れることはありません。

自分のこの作品をなんとしてでも世に出したい。そう思える作品であれば、自費出版してもいいかもしれません。