芥川賞と直木賞について

芥川賞とは

芥川龍之介賞、通称『芥川賞』は作家、芥川龍之介の業績を記念して作られた賞です。直木三十五賞と共に昭和10年に制定されました。

新聞や文芸誌などに掲載された、純文学短篇作品が対象となります。主に無名作家の方や新人の作家の方に贈られる賞です。

授賞は上半期と下半期の年2回です。12月1日~5月31日までに発表されたものは7月中旬に選考され、贈呈式が8月中旬に行われます。6月1日~11月30日までに発表されたものは翌年1月中旬に選考され、贈呈式は2月中旬に行われます。

また、『文藝春秋』の9月号には上半期、3月号には下半期の受賞作が全文掲載されます。
受賞作の多くは文芸5誌<文學界・新潮・すばる・文藝・群像>の中から選ばれています。

直木賞とは

直木三十五賞、通称『直木賞』は作家、直木三十五の業績を記念して作られた賞です。芥川賞と同じく昭和10年に制定されました。

新聞、文芸誌などに掲載された、大衆小説に贈られます。いわゆる、エンターテイメント作品です。主に無名・新人、中堅作家の方に贈られる賞です。

授賞は年2回で、選考時期、贈呈式の時期などは全く同じです。直木賞受賞作は『オール讀物』に掲載されます。掲載時期は芥川賞と同じく3月号と9月号です。

受賞作家

芥川賞も直木賞も受賞をすると、マスコミに多く取り上げられ、本の売れ行きも上がります。受賞後も芥川賞作家、直木賞作家と呼ばれるようになり、知名度も上がります。代表的な作家さんを数名挙げてみます。

<芥川賞作家・作品>
松本清張『或る『小倉日記』伝』・石原慎太郎『太陽の季節』・大江健三郎『飼育』・津村節子『玩具』・村上龍『限りなく透明に近いブルー』・綿矢りさ『蹴りたい背中』

<代表的な直木賞作家・作品>
井伏鱒二『ジョン萬次郎漂流記・その他』・山崎豊子『花のれん』・池波正太郎『錯乱』・山田詠美『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』・浅田次郎『鉄道員(ぽっぽや)』

この他にも大勢の芥川賞作家、直木賞作家がおり、どの方も実力があり素晴らしい小説を書きます。

しかし、芥川賞、直木賞を獲らずとも素晴らしい小説を書き、活躍されている方もたくさんいます。賞はステータスとなるかもしれませんが、それだけにこだわらず自分の書きたいもの、書きたいことを、思うように書くということが受賞に繋がるのではないでしょうか。