証券会社に特有の職種

証券会社の営業職

証券会社特有の職種としてよく知られているのは、金融商品の営業マンではないでしょうか。

個人や中小企業を対象にセールスを行う「リテール営業」は、多くの社員が一度は経験する仕事といってもよいかもしれません。

リテール営業というのは、投資家や資産家に対してセールスを行い、証券取引所への有価証券の売買を取り次ぐ仕事です。

この際に発生する売買手数料が証券会社の利益となり、優秀な営業マンは多くの顧客の仲介をすることで高額の手数料を稼ぎ出すことができるといわれています。

リテール営業とは対照的に、大企業や投資家、公共機関などの大口の顧客を対象とした営業をする「ホールセール業務」を行う部署もあります。

株式や債券を引き受け、資金調達や運用の手助け、M&Aの仲介などをすることがあり、仕事の規模が大きいためさらなる専門知識や高い判断力が必要です。

証券会社のディーラー業務

証券会社の社員は、投資家や資産家の売買を取り次ぐだけではありません。

証券会社自体が市場での売買に参加することもあり、この仕事のことを「ディーラー業務」といいます。

証券会社のディーラーの責任は重大です。

有価証券の売買によって自社に大きな収益をもたらすことができる一方で、判断を誤ってしまえば大きな損失を出してしまうこともあるのです。

厳しい企業だと、「このディーラーは利益を出せない」と判断された時点ですぐにこの職種から外されることも珍しくありません。

金融に関する知識や経験の豊富なプロフェッショナルな人材だけが、証券会社のディーラーとして活躍することができるのです。

証券会社のリサーチ業務

大手の証券会社には「リサーチ部門」があり、金融商品に関するリサーチを専門にしています。

具体的にいうと、顧客である投資家へのセールスやアドバイスを行う上で重要な情報源となるレポートを作成するのです。

企業の財務分析や経済分析が必要となり、経済に関して学者並みの膨大な知識がなければ務まらない仕事といえます。