証券会社の給料・年収

高収入の金融業界

証券会社で働く人たちの給料や年収はどのようになっているのでしょうか。

証券会社といっても地場の中小証券会社から全国に支店がある大手証券会社、外資系の証券会社までさまざまな企業があり、経営方針や待遇には大きな差があります。

しかし、一般的にいうと証券会社は給料が高いことでよく知られています。

たとえば、大手の証券会社の場合、初任給の時点で24万円ほどあり賞与もあります。

さらにこの業界は残業が多いので、時間外手当が毎月数万円はプラスされることになります。

大手証券会社は年収が1000万円を超えることが珍しくありませんし、外資系の証券会社の場合はさらに高給になることがあります。

厳しい実力主義

ただし、こうした待遇の良さの舞台裏には、徹底した実力主義があることも有名です。

とくに営業担当者の場合は、どれくらいの数の顧客にセールスをしていくら手数料を稼ぐことができたのかによって、社内での立場や出世のスピード、そして収入が決まるといっても過言ではないでしょう。

年齢や入社の年度、学歴などはあまり関係ありません。

何よりも成果を出せたかどうかが重要視される業界なので、自分の能力を磨いてどんどん稼ぎたいという人にとってはうってつけの職場です。

リスクに備えて人生設計を

外資系の証券会社の場合は、給料を年俸制にしていることが多いようです。年俸制というのは、一年間の給料の額を決めて支払うことです。

ヘッドハンティングで獲得した実力のある社員に対しては、最初から年俸1000万円以上を提示することもあり、国内の一般的な企業と比べると抜群に収入が高いといってもよいでしょう。

そのぶん、成果が出せなくなれば、降格や転勤を言い渡されたり解雇されたりするのも当たり前の厳しい世界です。

途中で退社したり転職したりする人も多いので、常にリスク管理しながら人生設計をすることはとても大切でしょう。