証券会社社員に必要な資格、スキル

絶対に必要な「外務員」の資格

証券会社で勤務する人には、必ず取得しておかないといけない資格があります。

日本証券業協会の協会員として登録するために欠かせない「外務員」という資格です。

有価証券の売買というのは、ときには投資家に莫大な損失を与え、なおかつ社会経済に大きな打撃を与えるものになります。

そのため、金融商品の取引に携わるためには、金融に関する専門知識や法令遵守の精神を身につけていることを試験で証明することが必要であり、「外務員」というのはまさに証券に関するプロフェッショナルであることを証明できる資格なのです。

証券会社の社員が取得する外務員の資格は主に二種類あり、「一種外務員資格」と「二種外務員資格」に分かれています。

どちらの資格も株式などに関する職務を行うことができるという点では同じですが、上級資格である「一種外務員資格」を取得すると、さらに信用取引やデリバティブ取引などリスクの高い商品についても取り扱うことができるようになります。

このため、証券会社に入社してから最初に「二種外務員資格」を取得し、ステップアップとして「一種外務員資格」をめざすというのが一般的な流れです。

知識の証明に役立つ資格

証券業界で働くうえでは、他にも役に立つ資格があります。

たとえば、公益社団法人である日本証券アナリスト協会が講座を主催している「証券アナリスト」の資格です。

これは、証券投資の分野において高度な専門知識や分析技術を応用することができるプロフェッショナルであることを証明する資格です。

日本証券アナリスト協会で講座を受け学習を重ねて試験に合格し、実務経験が3年以上ある人が認定されるものであり、証券業界で働く人にとって実践的な資格として知られています。

この他にも、経済に関する資格である「ファイナンシャルプランナー」や、不動産に関する資格である「宅地建物取引士(宅建)」を取得している人もいます。