証券会社の勤務・労働時間・休日・残業

早朝から勝負がスタート

証券会社で働く人は、朝から晩までとても忙しいことで知られています。

若手社員の多くが配属される、個人や中小企業向けの営業をする「リテール営業」担当者の一日を例にとって見てみましょう。

まず、朝起きてすぐに行うのが、経済の最新情報のチェックです。

経済新聞やテレビのニュースに一通り目を通し、株価や為替の動きはもちろんのこと、各企業の経営方針や新商品に関する情報も見逃さないようにします。

これは、顧客に金融商品をセールスする上で非常に重要なカギとなるので、常に最新の情報に更新することが大切なのです。

朝7時頃には会社に出社し、始業後すぐにチームでミーティングを行います。

この際にそれぞれの目標を確認し、若手社員の場合は上司や先輩から具体的な数値の目標を言い渡されることもあります。

顧客回りに追われる毎日

日中は、個人でそれぞれの顧客に営業に行きます。

地図を片手に住宅街を回りながら飛び込みで営業することもありますし、事前に電話でアポイントをとった中小企業の経営者のもとに提案に行くこともあります。

顧客のスケジュールに合わせることが最優先なので、ときには夜遅くまで外回りをすることもあり、朝から晩まで働き続けることも珍しくありません。

証券会社の営業では、毎日定時に出勤して定時に退勤するような規則的な働き方はなかなかできないと考えておいたほうがよいでしょう。

「残業はなるべくしたくない」という考え方の人には厳しい業界かもしれません。

資格取得に向けて勉強をすることも

証券会社で働く人の休日は土日や祝日になりますが、この休日を顧客とのゴルフや親睦会、金融系のセミナーなどにあてることがあります。

また、資格の取得をめざして勉強することもあり、とにかく休みの日であっても仕事のことを中心に考えて努力をしている人が多いようです。

証券会社での仕事は個人の知識の豊富さや提案力の高さが成果に直結するので、こうした努力を怠らないことはとても大切だと考えられています。